Best of Hapa英会話




今回ご紹介するのは、有名企業の駐在員と家族が殺到するL.Aの超人気英語学校 BYB English Center校長 セニサック淳さんの「Hapa英会話」動画です。セニサック淳さんはアメリカ人の父親と日本人の母親を持つハーフです。Hapa英会話の「Hapa」って、ハワイ語に由来した言葉で、ロサンゼルスでは「ハーフ」のことを指す言葉なんだそうです。アメリカのロサンゼルスで生まれ育った彼は完全な英語ネイティブであり、日本語も話せるバイリンガルです。彼の解説の動画がすごくわかりやすいんです。本当に勉強になります。日本人が感覚的に間違っている会話文を、的確に指摘しています。「そこが知りたい!」という会話の実践で使えるフレーズが学べます。おすすめです!


<基本的に日本語の「旅行」と「旅」は同じ意味ではありますが、皆さんは無意識にそれぞ­れ状況によって使い分けているかと思います。英語で旅行を意味する単語は「Trave­l」「Trip」「Journey」がありますが、日本語と同様にこれらは状況によっ­て使い分ける必要があるので、今日はそれぞれの使い方について説明しようと思います。>


<今日の動画レッスンでは、LAで最もメジャーなファストフード店「McDonald’­s」「Taco Bell」「Wendy’s」と「Jack in the Box」それぞれのドライブスルーで実際に注文をするシーンをお楽しみいただけます!­ノーマルな注文、単品での注文、注文の変更と3つのシナリオを設定して注文しました。>


<今日の動画レッスンはちょっとした実験をしてみました。現地に住んでいるアメリカ人に­「How are you?」と言うと、どのような返事をするのか抜打ちで試してみました。日本の多くの­学校で教わる代表的な返事の仕方は、「I’m fine」や「I’m good」のようですが、実際にアメリカ人はそのような表現を使っているのでしょうか­?その真相は・・・実は私も予想していなかった、意外な結果でした。(笑)>


<今日の動画レッスンでは、アメリカ人が日常会話でよく使う砕けた英語トップ15をご紹­介します。日常会話においては、必ずと言っていいほど使われる表現なので覚えておきま­しょう。但し、あくまで友達や家族など親しい間柄で使われるカジュアルな表現方法なの­で、フォーマルな場面での使用は避けてください。>


<今日の動画レッスンはロサンゼルスの地元の人に親しまれているレドンド・ビーチを散策­しました。Redondo Beach Pierの中にある巨大なシーフドマーケット”Quality Seafood”は新鮮な魚介類で埋め尽くされており、その場で調理してくれます。今­日の動画では生ウニにチャレンジ!>

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です